愛知県名古屋市の動物病院 | 中郷どうぶつ病院

整形外科腫瘍科猫の慢性腎不全糖尿病内分泌疾患再生医療

中郷どうぶつ病院お問い合わせ

電話番号:052-355-2720 診察時間:9:00〜19:00 土曜日日曜 祝日休診
名古屋のどうぶつ病院です
中郷どうぶつ病院 トップページ > フード
ふれあい教室
スタッフブログ
トリミング
投薬方法
フード
リハビリテーション
再生医療


夜間も見守っています 大切な命

名古屋市獣医師会夜間診療所
受付時間 21:00〜2:00

〒460-0011
名古屋市中区大須4-12-21
TEL 052-263-9911

フード コンテンツ一覧



フードの種類と選び方


皆さんは普段どのようにペットフードを選んでいますか?
フードは犬や猫が健康に過ごすために必要な栄養源です。
毎日口にするものだからできるたけ品質の良いものを食べさせてあげたいですよね?
人間と同じように犬や猫も栄養が偏ると肥満になったり免疫力が下がったり、病気になりやすくなったりします。
体が小さい分、少しの量でも栄養が偏ってしまうので、その子に合ったきちんと栄養バランスのとれたフードを与える必要があります。
フードには与える目的によって様々な種類があります。
フードのパッケージにも記載されているのでよく見て選びましょう。

【総合栄養食】

犬や猫が必要としている栄養素をすべて含んだフードで、新鮮な水と一緒に与えるだけで健康を維持することができるように、栄養バランスが調整されています。

【間食】(おやつ、スナック)

ペットとのコミュニケーションをとるための手段やご褒美として、限られた量を与えることを目的としたもので、ジャーキーやクッキー、歯みがきガムなど様々なものがあります。
ペットが欲しがるままに与えていると、栄養が偏ったり、カロリーが過多になって肥満にもつながりますので注意が必要です。一日あたりに必要なカロリーの20%以内に抑えることが大切です。

【一般食】

嗜好性を上げることを目的として与えるもので、栄養バランスが完全ではないので、それだけを食べていては栄養が偏ってしまいます。
人間の食事でいえば「おかず」のようなものなので、主食(総合栄養食)などと組み合わせて与えましょう。

【栄養補完食】

特定の栄養を調整したり、カロリーを補給することを目的として与えるサプリメントのようなものです。

【特別療法食(処方食)】

特定の疾患などに栄養的に対処するために栄養成分の量や比率が調整された、いわゆる『食事療法』として与えることを目的としています。
病気の管理をするための特殊な組成を持つフードなので獣医師の指導のもとで与える必要があります。

メニュートップへ


ライフステージに合わせたフード


人間と同じようにペットも年齢や体質、環境、運動量などによって必要な栄養バランスが違います。例えば成長期は体を作るための栄養素が必要ですが、高齢期には病気などに配慮した食事が大切です。同じ年齢でも、太りやすい犬や猫にはカロリーを抑えたものを与えないと肥満になってしまいます。また、運動量の多い犬には、栄養を強化したものでカロリーを補うなどの配慮が必要です。犬や猫のそれぞれの状態に合った食事を与える必要があります。

【哺乳期(生まれてから30日程度までの期間)】

この時期は母乳で成長します。市販のミルクを利用する場合には、犬には犬用、猫には猫用のミルクを与えましょう。生後1週齢までは1日に8〜12回、2週目以降は1日に4回以上哺乳します。

【離乳期(生後約20日から60日くらいまでの期間)】

犬や猫の離乳期用のフード、もしくは子犬用(成長期犬用)や子猫用(成長期猫用)のフードをお湯やミルクでふやかして与えます。1ヶ月くらいかけて離乳食の水分を徐々に減らしていきます。

【成長期(生後約50日から、小型犬では10か月程度、中型犬では1年程度、大型犬では1年半程度、超大型犬では2年程度、猫では1年程度の期間)】

この時期は成犬・成猫に比べてより多くのエネルギーを必要とします。カロリーが高く消化の良い成長期用(子犬用・子猫用)フードを1日に3〜4回に分けて少量ずつ与えて下さい。

※成長期に太ると成犬・成猫になった時、肥満になりやすい体質になります。フードの与え過ぎや、成長期の肥満には注意しましょう!

【成犬・成猫期(成長期以降の7年程度の時期)】

犬は成長期に作った強い骨格と歯を維持するために、栄養のバランスのとれた成犬用フードを与えましょう。また、皮膚・被毛の健康を保つために、必須脂肪酸の配合も必要です。1日分を2〜3回に分けて、きちんと給与量を量って与えましょう。

猫は生理的に必要なタウリンやビタミンAなどを体内で作ることができないためこれらを補う成猫用フードを与えましょう。また、下部尿路疾患に配慮してミネラルバランスが調整されたフードを選ぶと良いでしょう。1日2〜3回に分けて与えるか、置き餌にする場合は、猫缶などのウエットフードは放置しておくと腐りやすいため、ドライフードを置き、衛生的に管理しましょう。
肥満傾向の犬猫は体重管理とフードの給餌量に注意しましょう。特に去勢・避妊手術後はホルモンの影響や代謝が低下するため太りやすくなります。
肥満は多くの病気のリスクを高めます。体重が増え過ぎる前に早めに減量フードに切り替え、目標体重の給餌量を目安に与えましょう。

【中高齢期(約7〜8歳以降の期間)】

高齢になってくると、体温調節機能が衰えて暑さや寒さに耐えづらくなる、被毛が灰色化する、皮膚の弾力性が低下する、関節疾患、視覚・嗅覚の低下がみられるなどの徴候が現れてきます。
また人間同様に生活習慣病や慢性疾患が増加しています。
体の変化に合わせて食事もシニア用の心臓や腎臓などに配慮されたフードに切り替えていきましょう。
高齢の犬猫では胃腸の負担を低減するため、3回以上の給与回数が望ましいです。
また、水分を自力であまりとらない場合は缶詰などウエットフードを与えるのも良いでしょう。

メニュートップへ



ページトップへ

トップページ | 当院について | スタッフ | アクセス | 採用情報 | トリミング | リンク
ふれあい教室 | スタッフブログ | トリミング | 投薬方法 | フード | リハビリテーション | 再生医療


整形外科・腫瘍科・猫の慢性腎不全・糖尿病・内分泌疾患・再生医療

動物のことなら中郷どうぶつ病院へお問い合わせ下さい


愛知県名古屋市中川区中郷3-381-1 [ google map ]
TEL 052-355-2720
Copyright (C)2012 中郷どうぶつ病院 Allrights Reserved.